どうやったら高く売ることができるか

男性

マンション売却をしたいときに、高く売るには時期を考えておく必要があります。マンションが1年のうちで売れるのは、二月から四月ぐらいになるでしょう。この時期は、新年度が始まる次期で引っ越しをする人が多くなるからです。子供が学校に通っている場合でも、進学とともに引っ越しをする人をよく見かけますが、その時マンションを購入する人も多いわけです。そのため、時期としては二月から四月に売却するように準備をしておかなければいけません。一体どれぐらいの準備期間がかかるかといえば、物件や不動産会社にもよりますが、最低でも二カ月ぐらいの期間は見ておいた方がよいです。早ければ1か月以内に売り出すことも可能ですが、少し早めに準備をしておくと考えれば、前の年の十一月ぐらいから動き出すことが必要になります。

契約の種類を見ておこう

男女

マンション売却においては、何種類か契約があります。基本的に、大きく分けて直接不動産会社に売却する場合と不動産会社に仲介をしてもらい第3者に売却する場合の二通りが考えられるわけです。このうち、不動産会社に直接売却する場合は特に仲介手数料などは必要はありません。手軽でしかも短期間で売ることが可能になるため、早く売却したい人にとっては直接不動産会社に売却するようにした方がよいです。その一方で、仲介をしてもらう場合には、すぐに結果が出るとは限りません。仲介をしてもらう場合、専門の情報雑誌やホームページなどに掲載してから人気がある物件はすぐに売れますが、そうでない物件は1年ぐらい時間がかかることもあります。売ることができるかどうかは、時期も重要ですが、金額帯によっても大きく売却できる時期が異なるところです。安くすればすぐに売却できますが、安売りしたくない場合は時間をかけて売るようにするべきです。

仲介契約の3種類

マンション

仲介契約でマンション売却をする場合は、三種類の契約方法が考えられます。一つ目は、一般媒介契約です。一般媒介契約とは、一つの不動産会社に縛られずいくつもの不動産会社と仲介契約を結ぶことができるのが特徴といえます。この場合、不動産会社から売り主に対して報告する義務はありません。そのため、売り主としては現在どのような状況になっているのかわからないこともあります。ただ、複数の不動産会社が同時にその物件に対応するため売りやすくなるでしょう。二つ目は、専任媒介契約になります。専任媒介契約は、一つの不動産会社に契約が拘束されるのが特徴です。この時、不動産会社から売り主に対して定期的な報告をしなければなりません。それ以外にも、専属専任媒介契約と呼ばれる契約があります。この契約は、売り主の知り合いがその物件をほしいといった場合でも不動産会社との契約を取り消すことができません。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中